2014年11月29日

シャープ 加湿空気清浄機 KI-EX75 適応畳数:空清34畳まで/加湿20畳まで

気になるところを狙って消臭・除菌、プラズマクラスターパワフルショット
高感度ホコリセンサー&PM2.5 モニター搭載
ニオイだけでなく有害ガスまで低減、高性能「ガスもと~る脱臭フィルター」

■ソファやカーペットなどに高濃度プラズマクラスターを直接当てて、染み付いたニオイや付着した菌を消臭・除菌できる「プラズマクラスターパワフルショット運転」を搭載。
前方向に集中的に高濃度プラズマクラスターを放出するパワフルショット運転を業界で初めて搭載※2しました。通常運転ではお部屋の空気をキレイにし、パワフルショットではソファーやカーペットなどに付着する“ ニオイ汚れ” や菌が気になる所に向けて、消臭・除菌※1します。
※1 約25立方メートル(約6畳相当)の試験空間での前吹出口から2.5mの位置での約8時間後の効果です。
※2 家庭用空気清浄機において。2014年9月発売予定。

■より微小な粒子まで「高濃度ホコリセンサー」で検知し、メーカー独自のプログラム解析してお知らせする「PM2.5モニター」を搭載。
・より微小な粒子まで検知できる高感度ホコリセンサー
従来品のホコリセンサーより感度をアップ※1。花粉などの大きな粒子に加え、より微小な粒子まで検知します。
・色でわかりやすくお知らせ PM2.5モニター
PM2.5など微小な粒子の濃度(目安)※2をメーカー独自のアルゴリズムで判定し、わかりやすく色でお知らせします。濃度が高い時は、風量を強めて集じんします。
※1 メーカー従来品(KI-DXシリーズ、KC-D70/D50)搭載のホコリセンサーで検知可能な粒子サイズが1μmに対し、高感度ホコリセンサーは、0.5μmの微小な粒子まで検知。
※2 環境省大気汚染物質広域監視システム(そらまめ君)と当センサーの測定結果をもとにメーカー独自のアルゴリズムでPM2.5相当の濃度を判別しています。PM2.5モニターはあくまでも目安です。

■3つの脱臭機能による、さまざまな悪臭成分の強力脱臭に加え、排気ガス等に含まれる有害ガスまで低減する「ガスもと~る脱臭フィルター」を搭載。
ニオイの元となる、さまざまな悪臭成分を3 つの脱臭機能で分解・脱臭※2、有害ガスも低減※1する10 年間交換不要※3の脱臭フィルターです。
※1 メーカー調べ。1立方メートル試験容器内でのVOC(ホルムアルデヒド、トルエン、酢酸エチル)、NOx、SOxでの効果であり、実使用空間での実証結果ではありません。それ以外の有害ガスについては確認していません。ホルムアルデヒドについては、日本電機工業会自主基準(HD-103)に準拠した6畳相当の部屋でも効果を確認。
※2 1立方メートルの試験容器での臭気成分単体の脱臭性能であり、実使用空間での脱臭性能とは異なります。
※3 日本電機工業会規格(JEM1467)に基づく試験方法により算出。1日にタバコ5本吸った場合の目安。ご使用状況やニオイの種類・強さによっては、お手入れや交換が必要になる場合があります。
詳細は公式サイトをチェック!
【関連する記事】
posted by KI-EX75 at 23:16| Comment(0) | KI-EX75とは | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。